Menu

レーシックの素晴らしさについて

近視や遠視、乱視の方が視力を回復させる目的で人気があるレーシック手術ですが、この手術は大変素晴らしい技術であると思っています。目がよくなる方法や目が良くなるトレーニング法なんか本屋に行けば、沢山置いてありますが、どれも試しても中々視力が回復しないと困っている方には、レーシック手術を受けてみるという選択肢もあるかと思います。レーシック手術なら数日の内に視力がみるみる回復していきますので、本当に素晴らしいと思います。視力1.0程度まで回復する方はかなりいらっしゃいます。手術ですから多少の費用がかかることは仕方がないにしても、一度きりの手術費用で今後は費用が発生しないことと、メガネのメンテナンスやコンタクトレンズの購入費用とを比べたら、長い目ではどちらがお得かは一目瞭然かと思います。手術をして今後の費用が発生しない方が断然お得であります。

レーシックの回復スピードについて

最近レーシック手術をする方が増えてきています。それは、近視や遠視、乱視といった様々なタイプに対応できることが挙げられているからだと思います。また、片目だけでも可能ですし、又は両目でももちろん可能であります。こういった理由も確かに増えている要因ではあるかと思いますが、私はさらに他にも要因があると思っています。それは、レーシック手術の視力回復のスピードの速さです。この速さが尋常のない速さであるからこそ、人気があるのではないと思っています。逆に視力の回復のスピードが遅ければ、ここまで人気が出て来なかったと思います。手術してから1年後とかのレベルではなく、手術後数日から1週間で視力が回復できたという実感が持てます。しかも、手術を受けた患者さんの実に9割の方が視力を回復できたというデータがあるくらいなので、手術に対する信頼度はかなり高いと思います。

ガラスを介さない風景はレーシックしかない

タワーなどにおいて、展望室などが設置されることがあります。そういったところにおいては、ガラスによって外とは隔たりをもたせています。良い景色ではありながら、窓ガラスを通さなければいけないのです。きれいですが、自分自身を反射した姿なども見えています。一方で空中庭園や、高台から下を見るときなどは何もないところから景色が見られます。視力が良いわい人にとっては、ガラスのレンズによる矯正が頼りです。自分自身で持っているレンズに異常があるからです。ですから、永遠にガラスを通さないと本当の景色は見られない状態になるのです。でも永遠ではないことがわかりました。レーシックを受けると、自分のレンズにおいても復活できるかもしれないことがわかったのです。そうすることで、レンズを介さなくても美しい風景などを見ることができるようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*