Menu

レーシックのための病院選び

多くのスポーツ選手や芸人さんが受けたということで人気のレーシックですが、トラブルも皆無ではありません。では、安心して手術を受けるためには、どのような病院で手術を受ければ安心して手術を受けられるのか考えてみました。レーシック自体は、とても完成された安全な手術なので、機器が進歩したとしても、これ以上の成功率になるとは考えられません。もちろん、最新式の機器のほうが安全なのは確かです。安心して手術を受けるためには、術式で選ぶというよりも、やはりドクターで選ぶのが良いのではないかと思います。目の状態は一人ひとり違うものです。経験豊富なドクターなら、その状態に合わせて治療プログラムを立ててくれるものです。そのためには、丁寧なカウンセリングが欠かせません。やはりレーシックでもドクター選びが大事だということになりそうです。

レーシックでもセカンドオピニオンを求める

目というのは非常に大切なものです。その目を手術するのですから、慎重の上にも慎重になるのは当然のことです。流行りのレーシックの手術は、角膜を削って光の屈折率を変え、それで視力を回復させるという手術です。当然ですが、角膜は一度削れば元に戻すことはできません。少しくらいは厚くなることはあるらしですが、まったく元に戻るということはありません。レーシックでは、その角膜を削るのですから、少しでも不安があるのならその不安を解消してから手術を受けたいものです。今、衣料の世界では、セカンドオピニオンを活用する人が増えています。レーシックを受ける場合でも、1か所だけでなく、セカンドオピニオンに自分の目の状態を診てもらうことをおすすめします。2人のドクターの意見が一致すれば安心して手術が受けられますし、もっと良い術式を知ることができる可能性もあります。

気になる老眼とレーシック

老眼の原因と近眼の原因とはまったく違うものです。近眼の原因が光の屈折率の変化なのですが、老眼の場合は筋肉の衰えやレンズの硬さが原因になっていることが多いのです。そのため、老眼が出ていることに気がつかずにレーシックを受けると、今度は近くが見えにくい老眼に悩まされることになります。せっかく見えやすくなると思って手術を受けたのに、今度は老眼で悩まされるようになるなんて困ったものです。そういう時は、手術前の目の検査でしっかり検査をして、老眼が出ていることがわかれば、近視を少し残してやるといいそうです。少しばかりの近視を残すことで、老眼に悩まされることが少なくなり、快適に暮らせるようになるそうです。こういうことは、やはり経験豊富なドクターのさじ加減次第という感じがします。やはり、どんな手術でも、納得いく手術をしてくれるのは腕の良いドクターということでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*