Menu

友人の紹介でレーシックを受ける

何らかのサービスを受けた時、誰かを紹介することでポイントがもらえたり、紹介した人が特になったりすることがあります。そういったサービスは継続的なものが多いので、新しい顧客が得られるのであれば少々のことはしてくれるのでしょう。場合によっては数千円から1万円ぐらい得になるようなことがあります。非常に魅力のあるものです。会社の友人でレーシックを受けた人がいました。コンタクトから裸眼になったとのことで見た目は変わりませんが、かなり生活するタイルが変わったと言っていました。その友人から良かったらと手術の割引券をもらいました。使用期限がなければそのままにしておくところだったのですが、よく見ると期限が記入されていました。興味はあったので、せっかくなら今行くことにしようと思うようになりまいした。結果としては、言ってよかったと思っています。

レーシックで必要な日数

病院で手術をするとなると大変なことをするイメージがあります。事前に入院をして準備をして、手術をし、その後安静にしてリハビリなどをして退院となるのです。しかし、内容によっては日帰りで行えるので入院が必要のない手術もできているとのことです。日帰りと言ってもその日だけで終わるわけではありません。通院などもあるようです。レーシックも日帰り手術ができるものの一つになるようです。入院をする人はいないでしょう。実質的にどれくらいの日数が必要なのかです。必須の日数としては3日になるようです。まず1日目は事前検査があり、それによってできるとわかれば手術の日として2日目が取られます。1日目と2日目に関しては連続してもよいですし、3箇月ほど離れていても良いとのことです。その後、術後検診のために数箇月後に通院することになります。

レーシック前はメガネで過ごす

もしコンタクトレンズをしていた人がメガネを継続してくるようになったとしたらどう思うでしょう。通常はメガネが嫌だからコンタクトレンズを付ける人が多いと思います。体調によって一時的にメガネにする人はいると思いますが、継続してとなると意図的になりそうです。メガネが好きな人と付き合い始めたなどとの想像もできます。しかし、この時は、その人がレーシックを受けるのではないかと疑ってみましょう。別に受けるのが悪いわけではないのでどうでも良いことです。と言いますのも、手術をうける前には、コンタクトレンズを一定期間してはいけないと言われています。ハードとソフトで違いがあり、クリニックによっても指定される期間が異なることがあります。そうしないと検査がきちんとできないからなのでしょう。それを忘れていると、先延ばしになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*