レーシック.COM

視力の事なら任せなさい☆

レーシックと副作用について

レーシックは一度手術を行うとその後の治療や視力矯正の必要はなくなり、裸眼でものがよく見えるようになるので人気が上昇してきた視力矯正法です。どの医療行為にしても必ずしもトラブルがないとはいえないように、レーシックにおいても全くトラブルが起こらないわけではないのです。ただし重篤なトラブルは起こりにくい比較的安全な治療法と言われています。もし術後に副作用のような症状が出たとしたら、術後のケアが正しくなかった場合も考えられます。術後は医師の指示に従って正しい方法でケアを行い、定期検診に通って問題がないか調べる必要があります。また技術の高い医師を選ぶことは手術のトラブルを防ぐのに重要です。手術を受ける前には説明会に出向くなどしてそのクリニックの情報をよく入手し納得のいく手術を受けるようにすることが大切だと思います。

スポーツをする人にレーシックは向いている?

メガネをしていると動作の邪魔になることがあるので、スポーツ時には視力が悪い人でもメガネを使わない人もいます。コンタクトレンズは目に装着しスポーツ時でも快適に過ごすことができます。ただしマリンスポーツの場合にはメガネやコンタクトが使えないことがあるので、裸眼でものが見えにくい状態を我慢しなければならない時もあったのです。レーシックは手術をすると裸眼で視力矯正効果が得られるようになるのでマリンスポーツをする人にも人気があります。気をつけたいのは激しいスポーツをしたり目に強い圧迫がかかると角膜のフラップ(ふた状にしたもの)がずれる場合があります。もしフラップがずれると視力矯正効果がなくなってしまうので注意が必要です。手術の種類によってスポーツをする人に適したものもあるのでクリニックに問い合わせて選ぶのがおすすめです。

レーシックの素晴らしさを実感する時とは

レーシックの素晴らしさを実感する時っていったいどんなことが挙げられるのかを考えた際に、一番はなんといってもメガネやコンタクトレンズを装着せずに、裸眼時で視力が回復することだと思います。視力の低下をまだ体験していない人にとっては、よく分からないかもしれませんが、一度視力の低下を体験した人にとっては、まさにレーシックは革命的とも言える技術だと思っています。これは、視力が0.1とか0.01とかの視力の人が視力が1.0近くまで回復するのですから、驚きを感じても仕方がない思います。今まで暮らしていた世界がまるっきり違ってきます。メガネやコンタクトレンズを装着しないとよく見えなかったりぼんやりしか見えなかったことが、レーシックを受けた後は裸眼でくっきり見えるのですから、かなりの方がこの瞬間を素晴らしいと実感できると思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)